最新情報

【九州大学/持田製薬】共同研究部門設置のお知らせ

■九州大学と持田製薬が組織対応型連携契約を締結 九州大学先端融合医療創成センターに共同研究部門を設置し橋渡し研究を推進

国立大学法人九州大学(総長:久保 千春、所在地:福岡県福岡市、以下 九州大学)と持田製薬株式会社(代表取締役社長:持田 直幸、本社:東京都新宿区、以下 持田製薬)は、2018年6月1日より九州大学先端融合医療創成センター(センター長:赤司 浩一)内に創薬アセット応用共同研究部門を設置し、九州大学病院ARO次世代医療センターと連携の下、基礎研究の成果を一般医療の実用化につなげる橋渡し研究の推進に関する共同研究事業を開始します。
新薬創製の成功確率は3万分の1と言われていますが、近年その難易度はさらに高まっており、それに伴い長期間の研究開発と莫大なコストが必要となっています。本共同研究部門では、九州大学の研究資源とネットワークをフル活用して、持田製薬が有する創薬アセットの橋渡し研究を強力に推進し、画期的な新薬創製につなげる創薬研究開発の合理化を目指した研究を行います。
九州大学と持田製薬は、本共同研究部門を産学連携および学術的研究活動の拠点と位置付け、ライフサイエンス研究の発展と医薬品等研究開発の効率化に貢献していきます。
注)アセット:研究成果物

【詳細】九州大学 先端融合医療創成センターホームページよりファイルをダウンロードください。

http://icams.kyushu-u.ac.jp/news.html