最新情報

《情報更新》(6/7)H30年度第2回産学協働研究説明会(第一三共株式会社,大日本住友製薬株式会社,三菱UFJキャピタル株式会社,EAファーマ株式会社,アステラス株式会社,武田薬品工業株式会社)@九州大学

九州大学 先端融合医療創成センター ARO橋渡研究推進部門では,第一三共株式会社,大日本住友製薬株式会社,三菱UFJキャピタル株式会社,EAファーマ株式会社,アステラス株式会社,武田薬品工業株式会社をお迎えし,「平成30年度第2回産学協働研究説明会」を以下のとおり開催致します。各企業のご担当者様と個別面談が可能(要予約)ですので,この機会を是非有効にご活用下さい。お忙しいとは存じますが,奮ってご参加下さい。

【日時】平成30年6月7日(木)
16:45  開会・九州大学病院ARO次世代医療センターにおける支援のご紹介
17:00   「第一三共株式会社」
17:15 「大日本住友製薬株式会社」
17:30 「三菱UFJキャピタル株式会社」
17:45 「EAファーマ株式会社」
18:00 「アステラス株式会社」
18:15 「武田薬品工業株式会社」
18:30  閉会

【場所】九州大学 病院キャンパス 総合研究棟 105号室
地図はこちらです。

【事前登録制・参加費無料】
参加される方は事前にご一報頂きたく存じます。
ご所属・氏名・連絡先(Tel & E-mail),個別面談希望の有無(希望企業名)を
記載の上, nw-info@med.kyushu-u.ac.jpまでご連絡下さい。説明会前後の
時間帯に個別面談の調整をさせて頂きます。

【共催】九州大学EDGE-NEXT IDEA医系プログラム

***************************************************
九州大学 先端融合医療創成センター ARO 橋渡研究推進部門
産学連携担当(鶴屋・川島)
〒812-8582 福岡市東区馬出3-1-1 Tel:092-642-4802
E-mail:nw-info@med.kyushu-u.ac.jp
***************************************************

<第一三共株式会社>

第一三共株式会社は、新たな創薬/技術研究の促進のため、共同研究公募TaNeDS(タネデス)を実施しています。弊社が開示したResearch interestをご覧になった先生方より頂いたご提案を、弊社で選考させて頂きます。採択させて頂いた案件については共同研究契約を締結後、弊社と共同研究を実施頂きます。なお過去7年間で、CiCLE採択、弊社内前臨床研究の開始、および先生方による学会・論文発表、といった成果が得られております。
今年度も、創薬を活性化・効率化する技術プラットフォームの発掘・育成を目指した研究、医薬品の品質向上と製造コスト低減につながる製薬技術の研究、創薬標的の探索・検証研究、新たな創薬・医療につながる方法論・アプローチを生み出す研究など広範な募集テーマを設定させて頂きました。
是非、貴学の先生方にもご応募を賜り、共同研究につなげられればと考えております。
TaNeDSについての詳しい情報は、弊社HP https://www.daiichisankyo.co.jp/corporate/rd/taneds/ をご覧ください。

<大日本住友製薬株式会社>
大日本住友製薬は、「精神神経領域」と「がん領域」を研究重点疾患領域とし、また新規分野の開拓として「治療薬のない疾患分野」、「再生・細胞医薬分野」の取り組みも強化しております。
弊社では、2015年度よりオープンイノベーションの取り組みの一つとして公募プログラムPRISMを開始し、本プログラムでは、「精神神経領域」および「アンメットメディカルニーズが高く治療薬のない疾患」を中心に募集テーマを挙げ、皆様と協力し、一日も早く患者さんに革新的新薬を届けることを目指しております。
弊社HP: http://www.ds-pharma.co.jp/
PRISM HP: https://www.ds-pharma.co.jp/prism/

<三菱UFJキャピタル株式会社>
三菱UFJキャピタルは第一三共株式会社と産学官金連携の新しい形のオープンイノベーション事業を2013年より実施しております。日本のアカデミアの将来有望な創薬基盤技術となりうる研究成果から、製薬会社の視点で革新的な技術への育成を目指します。これらのシーズに対して、リスクマネーを活用(投資ファンドから全額出資でベンチャーを設立)し、約3年間、1億円規模の共同研究を実施させて頂きます。核酸、次世代抗体、ペプチド、DDS、ワクチン、再生医療・細胞治療などに関連する新しい創薬基盤技術を公募しております。

<EAファーマ株式会社>
EAファーマ株式会社は、消化器領域における日本発のスペシャリティ・ファーマとして、消化器疾患に苦しむ患者様に寄り添い、
患者様とそのご家族に幅広くソリューションを提供するヒューマンヘルスケア(hhc)企業を目指しています。
対象疾患は、炎症性腸疾患(IBD)、非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)、過敏性腸症候群(IBS)、NSAID起因性小腸粘膜傷害、
他疾患の治療による消化管副作用(抗がん剤による粘膜傷害等)、がんを除く治療満足度が満たされていない消化器系疾患(慢性膵炎や、消化器希少疾患等)です。
上記疾患に関する、創薬候補、創薬標的候補、バイオマーカー、評価技術、動物モデル、核酸DDS技術を募集します。
またモダリティは問いません(低分子化合物、核酸医薬、抗体、ペプチド医薬など)。

<アステラス製薬株式会社>
弊社は「先端・信頼の医薬で,世界の人々の健康に貢献する」ことを経営理念に掲げ,研究開発型のグローバル製薬企業として事業活動を展開しております。a-cubeの公募プログラムを通じて,国内の研究機関の皆様と強い提携を構築し,革新的で有用な新薬を世界中の病気と闘う患者さんに届けたいと願っております。a-cubeは通年オープンしていますので,提示されている課題にはいつでもご応募いただけます。多くの皆様のご応募をお待ちしております。また、当日はa-cube以外での研究提携の可能性についてもご紹介いたします。
a- cube: https://www.astellas.com/jp/a-cube/

<武田薬品工業株式会社>
タケダは、「優れた医薬品の創出を通じて人々の健康と医療の未来に貢献する」というミッションのもと、常に革新に挑み、あらゆる可能性を追求しています。
このミッションを達成するために、既存のネットワークに加えて、より多くの研究者の皆さまとの協業が重要となってきています。COCKPI-TRでは、弊社より創薬ターゲットや創薬技術に関するニーズを提示し、日本国内の大学・公的研究機関・企業に所属する研究者の皆さまのアイデアを、幅広く募集いたします。採択案件に対して、研究費(および弊社保有の創薬関連技術)を提供し、イノベーティブなアイデアの具現化を支援していきたいと考えています。
2018年度は、当社の重点領域(神経・精神疾患、消化器疾患、免疫研究(中枢・がんを対象)、再生医療研究)および創薬技術等に関するイノベーティブなアイデアを募集いたします。今年度も私たちの取組みにご賛同いただける皆さまからのご応募をお待ちしております。