最新情報

《情報更新》(5/24)H30年度第1回産学協働研究説明会(ファイザー製薬株式会社,グラクソ・スミスクライン株式会社,アッヴィ合同会社)@九州大学

九州大学 先端融合医療創成センター ARO 橋渡研究推進部門では,ファイザー製薬株式会社,グラクソ・スミスクライン株式会社,アッヴィ合同会社をお迎えし,「平成30年度第1回 産学協働研究説明会」を以下のとおり開催致します。各企業のご担当者様と個別面談が可能(要予約)ですので,この機会を是非有効にご活用下さい。お忙しいとは存じますが,奮ってご参加下さい。

【日時】平成30年5月24日(木)
16:45 開会・九州大学病院ARO次世代医療センターにおける支援のご紹介
17:00 「ファイザー製薬株式会社」
17:30 「グラクソ・スミスクライン株式会社」
18:00 「アッヴィ合同会社」
18:30 閉会

【場所】九州大学 病院キャンパス 総合研究棟 105号室
地図はこちらです。

【事前登録制・参加費無料】
参加される方は事前にご一報頂きたく存じます。
ご所属・氏名・連絡先(Tel & E-mail),個別面談希望の有無(希望企業名)を
記載の上, nw-info@med.kyushu-u.ac.jpまでご連絡下さい。説明会前後の
時間帯に個別面談の調整をさせて頂きます。

【共催】九州大学EDGE-NEXT IDEA医系プログラム

***************************************************
九州大学 先端融合医療創成センター ARO 橋渡研究推進部門
産学連携担当(鶴屋・川島)
〒812-8582 福岡市東区馬出3-1-1 TEL:092-642-4802
E-mail:nw-info@med.kyushu-u.ac.jp
***************************************************

<グラクソ・スミスクライン株式会社>
GSKは医療用医薬品、ワクチン、コンシュマーヘルスケアの三つの分野で事業を展開しています。新薬開発ではアカデミアとの連携を重視しており大学や研究機関と協力して課題に取り組んでいます。特に免疫・炎症疾患、感染症、代謝・心血管疾患、顧みられない熱帯病、神経科学、癌、眼疾患、呼吸器疾患、ワクチン、バイオ医薬品の技術と製法、バイオエレクトロニクス、コンシュマーヘルスケアの12領域を重視してご提案の評価をさせていただいています。
https://jp.gsk.com/jp/about-us/partnerships/open-innovation/

<アッヴィ合同会社>
研究とイノベーションがグローバル製薬企業としてのアッヴィのビジネスの柱です。世界中で大きなニーズがある特定の疾患をはじめとする領域で、優れた臨床結果を提供し、患者さんにより良いベネフィットをもたらし、経済的価値を生み出す医薬品を開発することに重点を置いています。
本日はアッヴィ米国本社が協働機会を探索している自己免疫疾患、がん、神経変性疾患の3領域の創薬新規ターゲットの詳細についてご紹介いたします。
会社紹介:https://www.abbvie.com/partnerships.html