活動内容

ARDENTメールマガジン vol.17(2016.9.23配信)

ARDENTメールマガジン vol.17(2016.9.23配信)

このメールはARDENT会員様の中で,
メール配信を希望されている方にお届けしております。

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

          ARDENT メールマガジン vol.17
               2016.9.23

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
ARDENTトップページ http://ardent-j.org/

九州地方では台風が過ぎ去った後、暑さも和らいで参りました。
朝夕の風に秋の涼しさを感じる今日この頃ですね。
ハイキングに運動会に読書…。楽しく忙しい日々となりそうです。

◆今号でお知らせする内容です。
┣【1】コラムリレー
┣【2】イベント・シンポジウム情報
┣【3】企業ニーズ情報
┗【4】公募情報

====================================
【1】コラムリレー
====================================
第17回目は、株式会社セルシード 代表取締役社長 橋本せつ子氏に
ご執筆頂きました。

『細胞シートを用いた再生医療の事業化への取り組み』

 株式会社セルシードは、日本発、世界初の「細胞シート工学」という再生医療の基盤技術を応用して様々な再生医療製品の開発に取り組んでいる。
初期の食道がんを内視鏡を用いて病変部を局所的に切除する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)が普及している。ESDは患者の負担も軽く、1週間程度の入院で済む手術法であるが、がん切除後の患部にしばしば癒着や食道狭窄が起ることがある。食道狭窄が生じてしまうと、バルーン拡張器等で狭窄部を無理やり広げる治療がなされるが、強い痛みや再狭窄などを伴う。こうした問題を解決するために東京女子医科大学で患者自身の口腔粘膜上皮細胞を採取し、温度応答性細胞培養皿を用いて作製した細胞シートをESD後の患部に移植する治療法が開発された。2008年から東京女子医科大学において10症例の臨床研究が実施され、良好な臨床結果を世界で初めて示した。さらに東京女子医科大学と長崎大学の共同研究によって10例の臨床研究が行われ食道上皮の再建、炎症反応の抑制、食道狭窄の防止などに良好な効果が見られた。さらに内視鏡を介して細胞シートを移植するための専用移植デバイスも開発された。当社はこれまでの臨床研究の成果をもとに、PMDAとの薬事戦略相談を行い、2016年4月に治験届を提出した。現在、国立がん研究センター中央病院、東病院、東京女子医科大学で治験が進行中である。また、欧州での承認取得を目指して、欧州医薬品庁(EMA)との相談を実施し、治験の準備を進めている。

2014年11月の薬事法改正等により再生医療を取り巻く規制環境は大きく変わった。とは言いながら、小さなベンチャー企業が治験を行い、承認を得るにはまだ乗り越えなければならない高い壁が立ちはだかっているというのが実感である。大学で開発された治療法を一日も早く、より多くの患者さんに届けるためには、大学、病院、企業の研究成果、経験を共有し、効率よく開発が進められる再生医療の拠点の必要性を感じている。

=====================================
【2】イベント・シンポジウム情報
=====================================
■第4回TR推進合同フォーラム・ライフサイエンス技術交流会
AMED理事長 末松誠先生,NIH/NCATS Petra Kaufmann 先生,日経BP社 宮田満先生のフォーラムでのご講演に加え, ライフサイエンス技術交流会ではアカデミア研究者の発表とバイオ関連企業の展示を受け付けております。
参加・展示とも無料ですので,お申し込みは詳細URLよりお願い致します。
【日時】平成28年10月31日(月)13:00~17:20
【会場】九州大学 医学部百年講堂
【詳細・参加/展示申込】http://ardent-j.org/archives/2922

■Academia Sinica-Kyushu University 合同シンポジウム(英語)
【日時】平成28年10月26日(水)14:00~17:30
【会場】九州大学馬出キャンパス コラボステーションⅠ 2階視聴覚室
【参加費】無料
【プログラム抜粋】
“Psychiatric translational research focusing on microglial inflammation hypothesis using peripheral blood”九州大学 加藤隆弘先生
“Arrhythmogenesis: a roadblock to cardiac stem cell therapy”中央研究院 謝清河先生
“Targeting Phenotypic Adaptation of Cancer Cells to Tumor Microenvironment: Challenges and Opportunities”中央研究院 陳慶士先生
【詳細】http://ardent-j.org/archives/3315
【お問い合わせ】Tel.092-642-4802, e-Mail: edgeinfo@jsd.med.kyushu-u.ac.jp(担当:岩崎/川口)

■共同研究提案(EAファーマ・第一三共・塩野義)説明会@九州大学
【事前登録制・参加費無料・個別相談可】
【日時】平成28年10月5日(水)17:00~19:00
【会場】九州大学馬出キャンパス 総合研究棟105号室&サイエンスカフェ
【お問い合わせ】Tel.092-642-4802, e-Mail: nw-info@med.kyushu-u.ac.jp(担当:岩崎/川口)
【詳細】http://ardent-j.org/archives/3297

=====================================
【3】企業ニーズ情報
=====================================
■日本べーリンガーインゲルハイム株式会社
 【詳細】http://ardent-j.org/archives/3072
■EAファーマ株式会社 創薬研究パートナー,アステラス製薬 a3創薬研究パートナー募集等,その他企業ニーズ情報
 http://ardent-j.org/seminar

=====================================
【4】公募情報
=====================================
■[AMED]平成28年度「創薬基盤推進研究事業」に係る産学官創薬研究GAPFREE2の公募(3次公募)について(締切10/6)
【詳細】http://ardent-j.org/archives/3269
■[AMED]平成29年度「地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS)」に係る公募について(締切10/31)
【詳細】http://ardent-j.org/archives/3292
■研究助成 沖中記念成人病研究所(締切11/30)
【詳細】http://ardent-j.org/archives/3346
■研究助成 小児医学研究振興財団(締切12/2)
【詳細】http://ardent-j.org/archives/3352
■研究助成 日本女医会(締切12/25)
【詳細】http://ardent-j.org/archives/3355
■第10回 資生堂 女性研究者サイエンスグラント(締切11/15)
【詳細】http://ardent-j.org/archives/3326
■第30回日本心臓財団・バイエル薬品海外留学助成(締切11/30)
【詳細】http://ardent-j.org/archives/3335

※イベント・シンポジウム情報等ございましたらARDENT Webサイト、メール
マガジンにてご案内いたしますので、ARDENT事務局までご連絡ください。
※メール配信先の変更・配信の停止等はARDENT事務局までご連絡ください。
**************************************************
九州大学 ARO次世代医療センター 橋渡研究推進部門
ARDENT事務局
〒812-8582 福岡市東区馬出3-1-1
TEL:092-642-4802 FAX:092-642-4528
E-mail:info@ardent-j.org
URL: http://ardent-j.org/
**************************************************